うなじのムダ毛!みんなどうやって処理してるの?

アップスタイルがもっとかわいく!正しいうなじケア

 

結婚式や、浴衣などの着物を着ているとき

アップスタイルのほうがより引き立ちますよね。

また仕事の時は

  • 髪の毛を束ねないといけない方や
  • ヘアアレンジが好きなおしゃれ女子

の皆さん、アップスタイルの時に大事なポイント気にしていますか?

それは、うなじです。

うなじをしっかりとケアしてヘアアレンジが似合う

うなじ美人にあなたもなりませんか?

毛深いうなじは嫌われる

男性の中にはうなじフェチがいるように意外と

男性は女性のうなじを見ています

ただ残念ながら、彼らのフェチはきれいなうなじに対するものであり、汚いもじゃもじゃうなじには

嫌悪感しか感じないようです。

しかし、中にはケアをしなくても、もともときれいなうなじをお持ちの方もいらっしゃるようです。

では、なぜもじゃもじゃうなじは存在するのでしょうか。

もじゃもじゃうなじの4つの原因

1.遺伝や体質

人の毛穴の数は生まれたときから決まっているのですが、それは遺伝によるものです。

両親は毛深くないという方は、隔世遺伝の可能性もありますのでおじいちゃん、おばあちゃんの代まで確認してみてください。

もちろん、遺伝である毛穴の数は変えられませんが、そんな方にもケアの方法はございますのでご安心ください。

2.生活習慣による男性ホルモンの増加

うなじが濃くもじゃもじゃになってしまう原因には、男性ホルモンのテストステロンが大きく影響してきています。

もともと女性は男性よりも男性ホルモンが少ないですが、このテストステロンが増えることで

体毛が増えてしまいます

男性ホルモンを増やしてしまっている原因としては、

  • 喫煙をしている
  • 夜型の生活
  • 過度なダイエット
  • ストレス

など様々な生活習慣の原因が考えられます。

3.紫外線

日常的に紫外線を受けていると、その紫外線から体自身が

体を守ろうと体毛を濃くして紫外線の侵入を防ごうとします。

また、紫外線により受けた日焼けで、肌がダメージを受けたことにより

毛の周期が乱れてしまうことがあります。

普段から首元を露出している方は、しっかりとうなじの紫外線ケアも必要になってきますね。

4.カミソリ、シェーバーの間違ったセルフケアによって毛深く見えていた!?

うなじは自分では見えにくく

セルフケアをするのはかなり難しい部位です。

そのため

  • きれいな形に処理できなかったり
  • 中途半端に生えてきたり

汚いうなじの原因となります。

カミソリやシェーバーを使って自己処理を行う人もいるようですが

うなじは自分では見えにくい場所なので変な形になってしまい、自分では修復できないという方もいるようです。

さらに、繰り返しシェーバーやカミソリで剃ることで

毛が濃くなるという意見もあります。

科学的根拠はありませんが、剃ることによって毛の断面が先の細い部分より太くなり、濃く見えるようになります。

正しく学ぼう!うなじケア

それでは、どうしたら素敵なうなじをゲットできるのでしょう。

不器用さんでも安心して取り組める方法を提案いたします。

生活習慣改善

まずは、うなじが濃くなる大元の

男性ホルモンを減らしましょう。

喫煙をやめる

喫煙をすることによって

エストロゲンという

女性ホルモンの成分が減ってしまい男性ホルモンが分泌されてしまいます。

不規則な生活を見直す

男性ホルモンは、深夜帯に大量に

分泌されてしまいます。

不規則な生活を送っていると

ホルモンバランスが崩れて

しまうので

夜はしっかり寝て、朝は早起きする

生活を心がけましょう。

過度なダイエットは控える

特に食事制限を主としたダイエットは

男性ホルモンを増やす原因となってしまいます。

体脂肪から作られる女性ホルモンですが、体脂肪が減れば女性ホルモンも減る原因です。

ストレスを溜めない

ストレスをためてしまうことで

自律神経が乱れてしまいます

自律神経が乱れることで男性ホルモンの分泌を促してしまいます。

このストレス社会のなかで、ストレスをためないことは難しいですが、あなたなりのストレス発散方法があるといいですね。

自分でできるカミソリ、シェーバーでのセルフケア

間違ったセルフケアは、汚いうなじになりかねないと前述いたしましたが、それでも時間の都合、予算の都合でセルフケアしたい方はいらっしゃるでしょう。

ただ、やはり目に見えない部分ですので、もし家族や友達・恋人等にお願いできるのであれば、お願いするのがベストな方法です。

①用意した服を着用し、髪の毛をしっかりと束ねて落ちてこないようにします


②蒸しタオルで襟足を温めたのち、乳液またはシェービングクリームを肌にぽんぽんと置くように塗ります

③三面鏡をうなじが見える位置に置き、カミソリまたは電気シェーバーを髪の毛の生え際から2センチほど離した位置から、上から下にうなじに添ってそっと動かしていきます

※ここで注意していただきたいのは決して

シェーバーの刃を肌に立てるようにしないことです。シェーバーの刃を肌に沿って寝かせるようにそっと動かすのが上手にできるポイントとなります。

④首の後ろを蒸しタオルで温めて、やさしくタオルで剃った毛をふき取ります

⑤乾燥を防ぐためにうなじの毛を処理した部分に乳液を再度塗ります

簡単おススメ!除毛クリーム・抑毛クリーム

 

カミソリやシェーバーで処理するのが怖いという方、またカミソリ等では肌が弱くて荒れてしまう方に

抑毛クリームがお勧めです

抑毛クリームは肌に優しく、毛を長いスパンで細くしてくれます。ただし、

  • 即効性はありませんし
  • 完全に除毛されることはありません

しっかりと除毛したい方は

除毛クリームがお勧めです

しかし、クリームが髪の毛についてしまうと、その部分も除毛してしまいますので十分お気を付けください。

脱毛サロンやクリニックでプロにお願い

 

そうはいっても、やっぱり自分で処理をするより

脱毛サロンやクリニック

でやってもらうのが一番安心ですよね。

サロンやクリニックで脱毛することは3つのメリットがあります。

それは

  • 自己処理よりも安全であること
  • 脱毛の効果が継続すること
  • またきれいな形に整えてくれる

ことです。

デメリットといたしましては、やはり

  • 自己処理よりも費用がかかる
  • うなじが髪の毛と判断されたときにその部分は脱毛されない

場合もあるとのことです。

もちろんクリニックによって値段は変わってきますが、うなじ部分は小さいパーツとなりますので、1回の施術は2,000円~4,000円くらいが目安だそうです。

美容室、理容室でお手軽ケア

 

美容室では基本的には

人の肌にカミソリをあてることは

できません

ですが、カットのついでにうなじケアをお願いすると、はさみを使って整えるようにカットはしてもらえるようです。

本格的にカミソリでの処理をお願いしたい方は理容室へ!

最近では女性の利用客向けのおしゃれな理容室も増えてきています。

理容師さんの国家試験には顔そりがあり

消毒法や皮膚科学を学んでいるので安心してお任せできます。

3,000円ほどで顔そりからうなじ、耳の裏までムダ毛の処理をしてくださるそうです。

いかがでしたか?

あなたに合ったうなじケアで、アップスタイルが際立つうなじを目指しましょう。