背中のムダ毛ってどう処理してる?

背中のムダ毛の自己処理の方法をご紹介

 

女性の皆様の中には、ムダ毛の処理にお困りの方もたくさんいらっしゃると思います。

その中でも特に気になるのは

背中のムダ毛ではないでしょうか。

背中は人からは…

  • 見られやすいにも関わらず
  • 自分の目では確かめ難く
  • しかも手も届きにくい

ことから、やむなく放置されがちな箇所です。

しかし…

  • 着たい洋服があったり
  • 肌を見せる機会

があったりすると放ってばかりはいられません。

そんな時のために、困った背中のムダ毛のセルフケア方法をいくつかご紹介します。

王道のカミソリ、電気シェーバー

まずは王道のカミソリ、安価で手に入りやすくセルフケアでは一番馴染みのある方法です。

T字の安全カミソリは、腰周りの比較的平坦部分やお尻ような面積の広い部分には手が届きやすく手軽で

手っ取り早さは抜群です

ただ、うなじや肩甲骨の凹凸がある部位にカミソリの刃を当てると、滑って肌を切ってしまう恐れがあります。

ですので、うなじには

小型の電気シェーバーを滑らすように使用することが効果的ですが

うなじの後れ毛まで一緒に剃ってしまわないように気を付けて下さい。

肩甲骨の辺りは

柄の長い電気シェーバーがあり5000円程度のものがいくつかあるので、そちらを活用するのも一つの方法です。

色々なカミソリを使い分ける

ことである程度の処理が可能ですが、ムラができてしまうのは仕方ないかもしれません。

いずれにしても、カミソリを直接肌に当てる前に

プレシェーブローションなどで肌の保護をすることが大切です。

 

広範囲の処理が狙える脱毛クリーム

こちらもドラッグストアで市販されているので手に入りやすく、利用されている方も多いと思います。

脱毛クリームは

肌に直接薬剤を塗布して

ムダ毛を除去するお馴染みのアイテムです。

背中の凹凸にも塗ることが可能なので

カミソリよりも怪我の心配が少ないです。

ただ、薬剤が肌に負担をかけるので、頻繁に使用することはおすすめしません。

肌の強い方が適宜使う分には良いと思いますが

必ずパッチテスト

を行い慎重にご使用下さい。

肌の弱い方や傷や吹き出物のある方は、ご使用をお控えになった方が良いでしょう。

また、薬剤の洗い残しや誤って髪の毛につかないように

取り扱いには注意が必要です。

脱毛タオルは効果がイマイチ

脱毛タオルは、背中にタオルを当てて擦ることで、産毛を絡めて除去することが出来ると謳われています。

素材によっては毎日少しずつ使用することで徐々に毛が取れるので、すごく薄い毛の人には効果が見込めますが…

濃い毛を取り除くには不向きです

強く擦っても毛が取れない上に

肌を痛め乾燥を招くので、あくまで優しく無理のない使用を心掛けて下さい。

薄い産毛の人向きのものと言えます。

ワックスを使った脱毛は痛みがネック

ワックスは、肌に直接塗布したものを布などと一緒に剥がすことで毛が根本から取れるので、一度やると

効果が二週間ほど見込めます。

ワックスは強い粘性のあるので、剥がした部分の毛はきれいになりますが、やはりネックは痛みといえます。

ワックスを塗った箇所を思い切って剥がすので…

痛みが強く

必ずしも全てきれいに取れるわけではないので

肌にも精神的にも負担は少なくないでしょう。

さらに、再び生えてきた毛が皮膚の下に埋もれてしまう埋没毛などのトラブルもあります。

一度に剥がせる面積が小さいので、背中に何度も同じ作業を繰り返すのは、範囲が広い背中には

現実的に難しいかもしれません。

家庭用脱毛器を試してみる

最近ご自宅に家庭用脱毛器を導入されている方も増えてきている思います。

サロンに通わなくても自宅で好きなタイミングに使用でき、ムダ毛に効果があるという評判を聞きます。

家庭用脱毛器は、クリニックやサロンに比べて安全性に配慮されているため

照射するパワーが控え目

なのが特徴です。一度で効果を期待するより、何度か根気強く照射しているうちに徐々に効果が現れるため、時間をかけて試すのが良いようです。

しかし、値段は6~7万のものが主流なので安価とは言えません。

カートリッジを付け替えて使用できるものと、使い捨てのものがあるのでそれぞれの用途に合わせてご検討下さい。

機材によっては火傷のトラブルが有るようなので

メーカーを比較して口コミの評価の高いものを選ぶと失敗を回避しやすいです。

しかし、効果が期待できる家庭用脱毛器とはいえ、目が届かない背中に

的確な照射をする

のは難しいと思います。

背中のケアはできれば親しい人にお願いする

どの方法にも共通していますが、背中のムダ毛処理は

  • 手の届きにくさと
  • 見えにくさが

最大のポイントです

なので親しい人に手伝ってもらい

見ながら処理してもらうのが一番安全で安心です。

ただ、人にしてもらうのは

見られるのが恥ずかしいという気持ちの問題もあると思います。

出来れば自分でできるのがベストですが、信頼のおける人なら心の負担も少なく相手にも快く請け負ってもらえるかもしれません。

セルフケア後は肌のお手入れを忘れずに!

背中のセルフケアは同じ箇所を何度も処理してしまいがちですが、同じ箇所を重ねて処理すると肌の表皮が薄くなり

肌荒れや乾燥を起こしやすくなるので、保湿をセットで行ってしっとりとした健康な肌を保って下さい。

背中の毛の処理は肌トラブルにも気を付けて

セルフ脱毛は

肌の負担や怪我に注意しながら慎重に

行う必要があります

特に背中は自分では見えない分、トラブルが起きていることに気がつきにくく、放置している間に

炎症の悪化を招くことが有り得るので心配です。

少しでも異常を感じたら早めの処置をするよう注意深く様子を見ることが大切です。

自分でケアする際のメリット、デメリット

自分でムダ毛のケアすると予約等も不要ですし

思いついたタイミングでいつでも出来るのが魅力です。

手間はかかりますが

価格面で負担が少ないのと、急に肌を出す予定が出来てもすぐ対応ができるので

自由度が高いです。

処理した直後は完璧とは言えなくても、ある程度はきれいなので、短期的な肌の露出がある時にはぜひ色々な方法をお試し下さい。

ただ永久脱毛ではないので、効果が一時的であるのと、再び生えてきた時に肌にチクチクとした不快さがあるのはやむを得ないと言えます。

毛が生えてくる限りはずっと

やり続けることが前提です

背中のムダ毛処理を自分でする難しさ

背中のムダ毛の自己処理は

体の中で最も難しいことは日々実感すると思います。

  • 範囲の広さ
  • 手が届かない
  • 自分で見えない

ためムラになりやすく、場合によっては

ケガや肌トラブルを起こしやすい

です。

せっかく処理しても、再び生えてきた毛を絶えずきれいに保つのは、努力の割りには効果が薄く残念なことです。

クリニックやサロンという方法も

背中のムダ毛のセルフケアの方法をいくつかご紹介しましたが、どれも

一長一短なので皆様それぞれ試行錯誤をしていただき、自分に合う方法に辿り着いていただきたいです。

それでも難しい場合は選択肢として

サロンやクリニックをという
方法もあります

専門の所できちんとした知識を基に適切な処置をしてもらえるので利用者も多く

高い効果が見込めるため一度検討してみてはいかがでしょうか。

特に背中は、自己処理が難しいだけに

信頼できる所に託すのも前向きな考えだと思います。

煩わしいムダ毛の処理を、この先も繰り返す精神的な負担を無くし、すべすべの肌で着たい服を楽しんだり、綺麗な肌を手に入れて自信を持って日々を楽しめるといいですね。