脱毛22

脱毛処理をした後は、

極力肌に刺激を与えないようにする

のが鉄則です。

それは普段何気なく着ている衣類や下着なども同様です。

刺激が少ないというのは、肌に生地が擦れないようにすれば良いと思うかもしれませんが逆に露出の多い服だと紫外線や乾燥などから肌を守る事ができません。

ですから

体を締め付けないゆったりとしたサイズ

で、なおかつ

肌を覆い隠してくれる衣類や下着を選ぶ

ことが肌トラブルを悪化させないためにも必要です。

それから生地についてはポリエステルのような合成繊維よりも、

シルクやコットンといった天然由来の素材

を使うようにしておきましょう。

そうすれば肌に対する刺激を極力抑えることが出来ます。

あと天然由来の素材でも特に

吸湿性と速乾性の高いものを選ぶ

ほうが良いです。

なぜかというと汗をかいた状態を放置していると、湿疹やかぶれといった肌トラブルを引き起こしてしまいます。

衣類や下着で汗を吸い、そして外に放出することで肌を快適な状態にできます。

肌トラブルが少なく美肌が目指せる脱毛方法とは?オススメしたいサロン脱毛

脱毛21

脱毛をするには、カミソリや毛抜き、脱毛クリームなどの道具を用いて自分で行う方法と、エステサロンや医療系脱毛サロンで行う方法、大きくわけてこの2種類があります。

自分で行う場合は、気になったときにすぐに処理できる、あまりお金をかけずにできるというメリットがある一方で、仕上がりがうまくいかない、すぐに生えてきてしまう、無理に脱毛したりのちのケアを怠ると肌をいためてしまうというデメリットがあります。

そのため、やはり美肌を目指すためにオススメしたい脱毛方法は、

プロの手を借りて行うサロン脱毛

です。

脱毛専門に行っているエステサロンは最近増えてきていますし、

いろいろなキャンペーンを行っているところも多く、

以前よりも

お手頃な価格で脱毛することができます

使用する器具の制度も高く、施術回数も少なく

肌への負担も最小限です

アフターケアもきちんと行ってくれますので、

美肌を手に入れることも可能

なのです。

脱毛方法に悩んでいるかたはぜひサロン脱毛を検討してみてはいかがでしょうか。

脱毛前後は肌を温めるのではなく冷やすことを心がけよう!汗もNG!

脱毛20

脱毛前後に行わっておくべきことは、

肌を出来るだけ冷やす

ことです。

なぜかというと、光脱毛やレーザー脱毛というのは、メラニン色素の反応して熱を発生させることで毛根にダメージを与えて脱毛をするという仕組みなので、

肌の表面は普段よりも熱を持っている

状況です。

そのため、脱毛前後に温めることは、過度に熱がこもってしまい肌へのダメージが強くなり肌トラブルの原因となってしまいます。

ただ、保冷剤や冷水で急激に冷やすというのも、せっかく毛根に与えた熱のダメージが消えてしまうのであまりするべきではありません。

扇風機など出来るだけ

穏やかな方法で熱を奪えるように

しておくべきです。

それから

汗をかくことも避けたほうが良い

でしょう。

施術をした後は肌がダメージで敏感になっています。

そのときに汗をかいてしまうと、毛穴で雑菌が繁殖したりして炎症が引き起こされるかもしれません。

汗をかいたなと思ったらこまめに固く絞ったタオルや汗ふきシートなどで拭うようにしてください。

おすすめの記事