脱毛13

ムダ毛を処理してツルツル肌になりたいという女性も多いと思います。

特に肌を露出する機会が多くなる夏には、ムダ毛のないきれいな肌を見せたいものです。

ところが脱毛したことによって

肌がダメージを受け、痒みが出てしまう

ことがあります。

ついつい掻きむしってしまい、

ガサガサ肌になってしまう

人もいます。

せっかくツルツル肌を目指したのに、ガサガサ肌になってしまったらとても悲惨です。

そういった時の対処法

として、脱毛直後にしっかりとアフターケアをすることが挙げられます。

保湿効果のあるローションやクリームなどを塗って、

肌を保湿することが重要です

肌が乾燥していると肌の新陳代謝が乱れやすくなりますし、ちょっとした刺激でもダメージを受けやすくなります。

肌トラブルを防ぐためには、保湿して肌に潤いを与えることが非常に重要です。

また、

脱毛を行う前にも保湿ケアを行っておく

と、脱毛によるダメージを軽減することにもつながります。

脱毛後の辛いかゆみの症状とその原因とは?

脱毛14

脱毛の施術

は皮膚に光を当てますので、

軽いやけどの様な状態になって乾燥

しやすくなっています。

これが辛いかゆみの原因です。

痒みの症状が出た時にかいてしまうと、黒ずみの原因になってしまいます。

また、

かいた所が傷になってしまい

菌が入ってしまう事もある

ので注意が必要です。

脱毛後は体に熱を持っていますので、日焼けや入浴で湯船につかるなどの行為は避けなければなりません。

だからこそ脱毛後は激しい運動や、飲酒などは避けろと言われるのですね。

脱毛後には、保冷材などで肌を冷やす

事が重要です。

保冷剤をそのまま当てるのではなく、タオルなどにくるんでから肌に当てるようにしてください。

これだけでもかなりかゆみを抑える事が出来ます。

あとはしっかり保湿をする事が重要です。

保湿ローションなどを塗って、

肌が乾燥しない様にしっかり保湿

しましょう。

あまりにも辛い痒みがあるならば皮膚科かクリニックに行く事をお勧めします。

クリニックでの医療脱毛の場合は、医師が直ぐに診察してくれて薬を処方してくれます。

耐えられない!恥ずかしくって掻くに掻けないVIO部分の脱毛による痒みの対策!

脱毛15

VIO脱毛の施術を受けた方の悩み

として、

施術した部位の痒み

が挙げられます。

歩くと痒みが酷くなり、外でかいてしまうことも恥ずかしいため

対策方法

を知っておいたほうが良いでしょう。

まず一つ目に

保湿クリームなどを塗って

痒みを抑える方法があります。

生えかけている毛によって引き起こされる痒みもありますが、かいてしまうことによって乾燥してしまい痒みが起こる場合もあるためです。

ただ、デリケートな部位に塗ることになり、肌トラブルを起こさないように敏感肌用の商品を購入したほうが良いでしょう。

雑菌を繁殖させないためにも清潔な状態を保たせなければなりませんが、洗いすぎによる乾燥にも要注意となります。

次に下着ですが、通気性が悪いものですと汗をかきやすくなってしまい、雑菌が繁殖しやすくなります。

そのため、

通気性の良い下着の着用を心がける

ようにしましょう。

他にもプールや温泉などもデリケート部分の雑菌を増やしてしまう可能性が高くなるため、施術後には避けるようにしましょう。

ムズムズ、チクチク、脱毛による痒みが起きてしまった時に最初にすべきことは?

脱毛16

夏になると肌を露出する事が多くなり、気になるのがムダ毛です。

夏にむけて脱毛をする方も多くいますが、せっかく肌を見せるために脱毛したのに、

脱毛の後にムズムズ、チクチク

する痒みで肌が荒れてしまい、肌を露出することができないといった肌トラブルが起きてしまう事があります。

そんな時にまず最初にすることは

冷却してしばらく経過観察

することです。

冷やすことで痒みがおさまったら、清潔に肌を保つことが大事です。

肌トラブルの原因は様々ありますが、まず最初にすることは冷却して経過観察することが最も重要になります。

早く肌荒れを治したいけどもアレルギー性皮膚炎の場合原因の特定が難しく、体調によっても症状が左右されやすいので、経過観察が重要になります。

肌が荒れているので

迂闊に市販の薬を塗ったりなどしない

ようにして下さい。

肌荒れが悪化する可能性がありますので、冷やしても我慢できない位の

痒みが長引く時は必ず医師に相談

して下さい。

かゆくて肌トラブルが解決しない場合は、医療機関へ相談しよう!

脱毛17

男女を問わず脱毛をする人が多くなっていますが、それに伴い肌トラブルに悩む方も増えています。

脱毛による肌トラブルは、

最良の改善策として医療機関に相談する

ことをお勧めします。

脱毛による肌トラブルの多くは、施術後にかゆみや赤みが出たり

火傷のような跡が残ってしまう場合

が代表的です。

脱毛後の肌は通常の肌と比べて乾燥しやすい状態になっているので、かゆみを感じることがあります。

かゆみを感じるとかゆいところを掻きむしってしまうことで、

傷ができたり炎症を起こす

原因を作ってしまいます。

かゆいところを掻きむしってしまうと跡が残ったり黒ずみの原因にもなるのでなるべく触らないようにするのが重要です。

脱毛後このようなかゆみや赤みが出てしまったら、医療機関に相談することでかゆみの原因を突き止め対処してくれますので早めの受診をお勧めします。

人によって肌のタイプも様々ですし、アレルギーなどもあるので自己判断で対処するのではなく医療機関の専門医に相談することが賢明でしょう。

痒みや赤み、ブツブツなどの肌トラブルを起こさない為に、自分に合った脱毛方法を選ぼう!

脱毛18

自分に合った脱毛方法を選ばないと痒みや赤み、ブツブツなどお肌のトラブルになる可能性があります。

自宅で行える脱毛方法には3種類あり、それらのメリット・デメリットを説明したいと思います。

1つ目は

ピンセットで抜いてしまう方法

です。

メリットは

リーズナブルである

ことと、一度抜いてしまえば

生えてくるのに時間がかかる

ことですが、

デメリットは

抜いた毛が肌の下に埋没

してしまいブツブツになったり黒く透けて見えてしまうことがあります。

2つ目は

シェーバーやカミソリで剃る方法

です。

メリットは

素早く行えること

デメリットは

頻繁に剃らなければならないこと

と刃の部分が当たり

肌にダメージを与えてしまう

かもしれないことです。

3つ目は

脱毛クリームで除毛する方法

です。

メリットは

クリームを肌に塗るため

ムラなく処理できる

ことですが、

デメリットは

化学物質を使っているため

肌に大きなダメージを与えてしまう

ことです。

時間とお肌の両方を考えて、自分に合った脱毛方法を選びましょう。

脱毛後の辛いかゆみの救世主は?オススメの保湿ローションやクリームは?

脱毛19

脱毛をする時には特に女性が処理をされる際には、生理前後には行わない方が良いとされております。

この理由に関しては生理の前後には肌がとても敏感になっているからです。

さて、このような

脱毛後の辛いかゆみの救世主

としては

保湿ローションがオススメです

オススメの保湿ローションやクリームには、

敏感肌の方でも使いやすいという

無印良品のタイプ

があります。

無印良品は都心部などに店舗がありますが、昨今では通販などでも保湿ローションやクリームを販売しております。

更には中でも敏感肌の方に向けての保湿タイプのものも出ておりますので、脱毛後の辛いかゆみには最適となっております。

保湿ローションやクリームの中にはいくつかのタイプがあり、肌が弱い方のために開発された商品があるためそちらをご使用されると、辛いかゆみから救出されることができます。

なお、脱毛後に肌がかゆくなってしまう方が多いですが、

上記のように

体調の優れないときや生理前後

には特にかゆみが悪化してしまうことがありますから、時を選びましょう。

おすすめの記事