カミソリ負けによるかゆみの原因とその対策は?

カミソリを利用して体毛を処理していると、皮膚の表面にある角質層まで一緒に剃り落としてしまいます。削り落としてしまった部分から黄色ブドウ球菌などが浸入することが原因で、かゆみなどの症状が発生してしまうことが少なくありません。このような症状のことをカミソリ負けと呼んでおり、かゆみの他にも肌が赤くなったりヒリヒリしたりするのが特徴です。カミソリ負けを起こさないための対策には、正しい使い方をすることが必要になります。面倒だからと言ってカミソリの刃を交換しないまま利用していると、雑菌が発生しやすくなり症状を起こすのが大きな特徴です。切れ味も悪くなるため、角質層を削り落としやすくなってしまいます。このようなことを防ぐためには、定期的にカミソリの刃を交換することが対策として必要です。乾燥している肌の状態でカミソリで体毛を剃ると、角質層を削ったり傷つけることが多くなるので注意しましょう。普段からスキンケアなどをしっかりやり、肌の乾燥を防ぐこともカミソリ負けの対策となります。

ヒリヒリや赤みにはもうサヨナラ!カミソリ負けに効果的な対策とは?

ヒリヒリや赤みなどのカミソリ負けに効果的な対策として、シェービング用のクリームやフォームやジェルを使用する、カミソリの刀をこまめに交換する、必要以上に剃り過ぎない、剃った後は保湿ケアを徹底するなどがあります。何もつけずにそのまま剃ってしまうと乾燥や炎症の原因となりますので、必ずシェービングクリームなどを塗ってから剃るようにしましょう。古い刃の剃刀をいつまでも使っていることもカミソリ負けに繋がりますので、こまめに刃を交換することも必要です。必要以上に剃り過ぎると摩擦が生じてしまいますので、短時間で効率的に済ませるということも意識する必要があります。剃った後はクリームやローションやジェルなどでしっかりと保湿ケアをすることが大切です。そのことにより角質のバリア機能がアップしてターンオーバーが促進されてカミソリ負けを引き起こしにくい健やかな肌環境に導くことが出来ます。積極的な対策に努めてヒリヒリや赤みの悩みを解消させましょう。

タイトルとURLをコピーしました