カミソリ負けとは?その症状と原因を徹底追及!

カミソリ負けとは、ムダ毛をカミソリで処理した時に起こる症状のことをいいます。肌が赤くなってしまったりヒリヒリとした刺激感を感じたり、湿疹ができてしまうこともあります。また、痒みの症状が出ることも多いです。
カミソリ負けは、カミソリの刃によって肌が傷ついてしまうことが原因で起こります。カミソリの刃は金属でできているので、保管方法が悪いと錆びてしまったり刃がかけてしまうことも多いようです。そのため使用した後は水に濡れないように気を付ける必要があります。それからムダ毛を剃る時に、毛の流れに逆らうように剃ってしまうと肌が傷つきやすくなります。毎日、同じ部分を剃っているなど回数が多いとその分ダメージを受けてしまいます。
そして、肌が敏感だったり乾燥していたりしてもカミソリ負けが多くなります。ムダ毛を剃る際にシェービングクリームを使用したり、ムダ毛を処理した後にローションなどで保湿すると症状を抑えることができます。

カミソリ負けを起こしてしまったお肌の治し方とケア。お薬はオロナインが効果的?

カミソリはムダ毛の処理等には手頃なものですが、時間がなくあまり丁寧に出来なかったり、シェービング剤の塗りむらがあったり、丁寧に処理しようと何度も同じ所にカミソリを当てたりすると、後で後悔することが多いと思います。それはカミソリ負けを起こしてしまうからです。所々赤くニキビの様になっていたり、それだけなら見た目は悪いですが我慢は出来ます。時には肌が痒くなったり、ヒリヒリ痛くなったりもします。負けない様に軽く丁寧にやったつもりでもなってしまうこともあります。

さて、そうなってしまったら、ケアして早く治しましょう。治し方は色々あるとは思いますが、市販のお薬で効果的なのはオロナインと言われています。先程、書いたようにニキビの様にも見えるのでニキビ治療薬が良いようにも思えますが、カミソリ負けにはよろしくないようです。またオロナインでも治りにく場合やあまりに酷くなっている場合は皮膚科へ行き、最適なお薬を処方してもらった方が良いでしょう。

女子力ダウンの原因にも・・・。絶対に避けたいのはカミソリ負けによる色素沈着!

女性が美容面で気になるのがムダ毛です。ワキや腕、お腹や脚などに太い毛が生えているだけでウンザリとします。そんなときに便利なのがカミソリや毛抜きです。しかし、このどちらの日用品も肌トラブルの元になります。

カミソリを使ってみると分かりますけど、始めは綺麗に毛がなくなっても時間と共に毛が生えてきますし、何度も繰り返すことによって、より太い剛毛になることがあります。

しかもこれだけに限らず、カミソリでムダ毛を剃り続けていると色素沈着というトラブルが起こります。これでは脱毛のはずが女子力ダウンです。

そこでお勧めなのがエステやクリニックの美容脱毛です。脱毛の費用面を控えたいなら、光脱毛を行っているエステで相談してみるのはいかがでしょうか。こちらを活用するだけでも、ムダ毛の対策になります。

実際にエステサロンが行っている光脱毛は、カミソリのように毛を剃る必要がありませんので、肌がツルツルになります。ご興味がある方はぜひ試してみてください。